編集協会とは?

 


1983年1月に約80名の東京、京都で活動しているフリーの編集者が集まり

「日本映画編集協会」が構想10数年を経て設立されました。

編集者の地位の確立とその向上を目指して、初代理事長に浦岡敬一が就任。


日本アカデミー賞協会に「編集賞」を創るように呼びかけ、1988年に認められ

編集賞が誕生しました。


1993年、二代目理事長に諏訪三千男が就任。

「日本映画編集協会10周年記念誌」として「編集者・自身を語る」を協会で発行。22名のベテラン編集者の体験的編集論や、貴重なメッセージをまとめました。


1995年、組織が法人化され、名称も「協同組合日本映画・テレビ編集協会」となり、新しく生まれ変わりました。

編集者が選ぶ編集賞「JSE賞」の設立、図解「映像編集の秘訣」を玄光社より発行、ノンリニア編集の講習会に講師を派遣するなど事業も展開。


2000年、三代目理事長に井上治が就任。


2010年、四代目理事長に鍋島惇が就任


2014年、五代目理事長に只野信也が就任。

現在95名の協会員で構成されています。